夜鳥通信

会社員、絵描き、占い師、模型師のブログ

「サナトリウム」サマセット・モーム

「許してほしい。本当にひどいことを言ってきたと思う」

「本気だったの」

「本気だった。きみを苦しめたかった。自分ひとり悩むのに耐えられなかったんだ。だけど、もうそんなことはしない。テンプルトンとアイヴィの結婚で ー  なんていうか、すべてが違って見えてきたんだもう死ぬのは怖くない。死なん て、なんでもない。愛にくらべればどうでもいい。きみに健康で長生きしてほしい。これからは絶対に、不平をこぼしたり、怒ったりしないから。今は、死ぬのがぼくできみじゃないのがうれしい。この世界の素晴らしいことがすべてきみに起こればいいと思っているんだ。愛している」

孤独

孤独って感覚は最近まで実感してなかった。

3月の会社の人事。

5月のプライベート。

いざ感じてみるときついもんだなと

思うようになった。

 

カウンセリング

自分を見つめ直したく、
カウンセリングを受けてる。

「なぜ、出世しなかったのか?」

そんなこと言われてもなあ。
目の前の仕事をなんとかするのに
精一杯で、
出世や管理職やら考えてる暇なんてなかった。
なりたいと言ってなれるもんでもないだろう。



夢を語れる相手がいれば

ざわめきの後の

静かさが嫌いで

祭りに背を向け生きてきた

孤独が好きな訳じゃなく

今より孤独になりたくないだけさ

三年前から深酒はやめにした

翌朝泣いてる女の顔を見たから

だけどこうして君と出会って

あれこれ話すのも

愛したからさ