夜鳥通信

会社員、絵描き、占い師、模型師のブログ

定年

職場の同僚が本日定年。入社した頃より知っていた先輩。約五年前に一緒の部署になり。この四年は実質この人との二人だけのチーム体制。尊敬していた。頭脳明晰で論理的、様々な経験による豊富な知見、何よりその明るさとどのような事象も受け止める冷静さと…

サスペリア

ダンサー達の舞台衣装が緊縛の縄に見えた。髪型や普段着がドイツというか七十年代ぐらいかなって感じがして自分好みな感じだった。アメリカとは違うヨーロッパって雰囲気、空気の感じが。全然怖くなかったのがなんとも物足りないというかああいうもんかとも…

半世界

新宿東宝「関心が無いことに気付かれてるんだよ」「こっちだって世界なんだよ」「いつだってこうなんだ」

あほくさ

千巻万書を読んでも答えはなく酒を飲んでも酔いもせず寝るのが一番に思われ候

マスカレードホテル

新宿バルト9木村拓哉が何やっても木村拓哉なのには慣れてるのであまり違和感は感じなかったが。松たか子が松たか子でしかないのには少し意外。役柄のせいかな。うまい人とも思うが、杉村春子をうまいと言うのと似て、松たか子くささが鼻につくのだろうか。知…

ファーストマン

新宿ピカデリーライアン・ゴズリングのあきらめたような目線が好きだ。静寂が印象的だった。

行政書士

昨年末から気になってたのだが。三年計画ぐらいで資格取得を目指してみる。新天皇の即位やらオリンピックやらの休みを潰すネタができた。憲法やら法律やら興味はあるので気長にやってみる。

七つの会議

新宿ピカデリーNHKでやってたドラマは見てた。今回の映画のほうが会社生活というものをより誇張してるように見えた。野村萬斎の妙な感じには以前から注目してる。五輪はどういうことするんだろ?そこだけは見てみたいな。特に何もしなくてもまあ良いけどね。

植本一子と松浦弥太郎

両人の著作を本屋で並行して立ち読みしてると、この二人は違う人なんだなと感じた。最近自分の感覚が鈍るというのか疲れやすくなってる感もある。整骨院でも言われたが、疲れているのだろうか。

ダルマ

セリカって1600GTもLBもムスタングに似てるね。

カモンベイビーアメリカ

セリカとローレル

いずれもアオシマ頑張って作ります

まやかし

NHKが伝える日本の経済状況がウソにしか見えない。

年末から年明け

昨年末は東京で何をするでなく過ごす。人間は誤解から逃れられないと思えた。誤解に気付いてもそれを正す方法もなかなか見つからない。大晦日から年明けに思った。年明けから九州へ。なかなか人を許せない。いや、人ではなく、人の発する語句や話の内容につ…

ファニーとアレクサンドル

ユジク阿佐ヶ谷5時間、長かったです。何十年振りに見る。映画館では初見。やはりファニーとアレクサンドルはメインで無いよね。特にファニーは。家族内の価値観の相違が生み出す感情のすれ違い、家風の違いによる意思疎通不能がテーマに思えました。ゲイっぽ…

生きること

人は生きている間は生きていなければならないのだと思う。それしかないんだろうな。

菊の御紋を丸かじり

知り合いが皇居でお花を生けたら菊の御紋入りの落雁をもらったそうで。それを飲みの席でもらい焼酎飲みながらかじる。普通のお茶菓子の味だった。明日は最後の昭仁天皇誕生日のお休みかな。皇居は混みそうだな。

新玉名から東京へ

新玉名から博多へ。在来線の特急は無くなったんだね。博多までの時間は短くなったけど不便だね。

成田から天神から玉名

朝の7時に部屋を出て成田から飛行機で福岡へ。で玉名に着いたのが午後3時半。担当医師は中学の時の数学教師の息子さんだった。不顕性骨折とのこと。年内入院して年明けには転院かと思われる。

ヴェノム

新宿ピカデリー。意外に面白かった。

靴を買った。足が小さくて合うのが少ない。合う靴を見つけた。ずっと同じ形で製造してほしい。

韓国

最近の様子見てるともう日本なんて相手にしてないんじゃないのかと思えてしまう。アホ晋三にアホー太郎だもんなあ。

来る

新宿ピカデリー大友克洋の「童夢」を思い出した。中島(名前失念)の絵作りは彼とわかるなあ。デビッドフィンチャーとか思い出す。ステロタイプなストーリーやモチーフにも思えたけど、だから想起する余裕もあるのかなあ。贖罪と再生と再構築の話になるのか。…

スエズ ヴェオリア オリックス

水道民営化 気になる単語

入国管理法改定

中身は決まってないが改定してから決める完全におかしいだろう。日本や日本の政治体制は狂っている。民主主義って言葉は日本から無くなるんでは?議会とかも。「1984」のニュースピークみたいなことになるんじゃないの?

星の生まれる時

駅前の樹に星がかけられる工事を眺めながら。冬になるんだなあ。

縄文にハマる 人々

ユジク阿佐ヶ谷結局あの紋様の意味や意図は判明しないが。縄文時代からは絵画とかの表現物、具象物がほとんど出てきていない。あんだけ妙な形の土器はたくさんあるのに。具象的なもの、生き物は描いてはいけない、表現してはいけなかった、具象は禁忌だった…

太陽の塔

ユジク阿佐ヶ谷岡本太郎の芸術に対する考えにはとても共感する。最後は人間に行き着いた所など。自分の中でもずーっと抱えてきたことだ。1970年の万博の頃に考えいたことや言動は東日本大震災、福島第一原発事故を経た今を見越していたのではと思えるほどだ…

革パン

買ってしまった。ちょっとフレディ気分。愛という名の欲望だー。

名月

月が綺麗だ