夜鳥通信

会社員、占い師、絵描きのブログ

夜間飛行 10周年

新宿ゴールデン街

夜間飛行

開店10周年


長いような短いような。

和恵ママにはいろいろお世話になったな。


夜間飛行

紅い花

を生で聴けて嬉しい。

中国の金持ちの暇つぶし

所属する会社の部署はものづくり=大量生産、大量消費から抜け出せない。

しかし、自分を振り返っても

そんなに物はいらない。欲望が減ってる。

目新しい物に惹かれることも少なくなり。

目新しい物を見る機会も減り。

目新しい物も無い。

大概のものは、

ある程度の品質があれば日常生活には充分なのだ。

専門的な道具などで無ければ。

では、これから何を人々は欲するのだろうか。

暇つぶしの供給な気がするんだけどな。

中国の金持ちあたりが

何をやりだすかに注目したいが。

やることも無いので本を読む。

モーム

川端康成

植本一子

他いろいろ。

ハウツー本や自己啓発本やらに比べて小説の方が読むのに時間がかからない気がする。

知識として蓄積する必要性が無いからかな。

この前食堂で本を読んでたら、

「今時、本を読んでるなんてめずらしい」

と言われた。みんなスマホらしい。

たまたまではあったけど、

確かに本を読んでる人を見かけるのは減ったな。

忘れたくても忘れられないことは

消せない焔のようなものだから。

自分が焼き尽くされるまで

燃やしておくしかないのかもしれない。

運慶快慶

鎌倉時代の写実的な仏の彫刻振りは好きで。

やはり運慶快慶に行き着く。

1/35のプラスチック人形にどこまで、

人を吹き込めるか。

急いでやらねばならない。

迷い

昨夜の上司も会社の先行きに不安を感じている。何も誰にも確実なことも思いも無いのだ。


この人に再び野心を抱かせるようになったら

自分の道も上がり目になる気もした。

会社の歴史で最年少で管理職になった人だった。頭が切れる人だなと思っていたが。

組織の全体像を眺めて、自分で管理職からおりたこともある。

私欲だけの人でもないようだ。


自分の今後の動き次第では

考え方を変えて動き出すのではないか?

あるいは、それを言いたかったのか。