夜鳥通信

会社員、占い師、絵描きのブログ

復調

会社を休む前ぐらいに

戻ってきた。

もう少しでなんとかなるかな。

異動できればなあ。


歯車

SEIKOの5という自動巻きの腕時計がある。

透明の裏蓋で中身が見えるスケルトンだ。

中身の歯車の動きがよくわかる。

表の文字盤からは想像できない、

中身の歯車の蠢きを目の当たりにできる。

物事には表の顔とは違う裏の顔もあるんだろう。

上手くまわしてたはずの歯車が

一つずれて、

表の文字盤の張りが全て

狂うこともあるんだろう。



迷走

どこへ向かっているのか?

解らなくなりながら進んで来た半年だった。

あと半年をどう過ごすのか?

会社の決算に合わせて、

自分の人生を区切るのは嫌だが、

そういう単位以外に区切る基準も無いような。

自分が会社から抜けられない一つか。

退職したらどういう単位で生きるのだろう。