夜鳥通信

会社員、絵描き、占い師、模型師のブログ

馬 選挙 井之頭公園 やすとみ歩候補の演説

f:id:tienro1:20190713155640j:plainf:id:tienro1:20190713154603j:plain

井之頭公園

やすとみ歩

公職選挙法の改正を公約に。

いろんなやり方があることを知ってほしい。

町会議員は供託金いらないので皆んなでましょう。選挙なら街角で何を言ってもいいんです。私のやってる方法は挑発です。その方法の基本はガンジーです。f:id:tienro1:20190713155309j:plain

新聞記者

f:id:tienro1:20190708002219j:plain

有楽町よみうりホール

先週土曜日に見た。

現政権がモデルなのは明らか。

内調の事務所がパソコンと机だけ。

あとは役人だけの無機質感がなかなか。

ペーパーレスで

未来世紀ブラジルよりシュールに見えたが

ほんとにあんな感じなんかな。

佐藤可士和とか事務所に机とパソコンしか

出してないとか言ってたが。

極めればああなるかな。

北村滋なんだろなあの上役は。

後半、話を飛躍させたのは

公開させるのにわざとやったのかも。

しかし、学生の時大学の側にP3施設とか

建てたりしてたし。意外にあるかもねと

後で思いなおした。

youtube前川喜平の発言の動画とか見てると、やっぱ現実、事実な方が面白いなと思えた。

安冨歩さんに当選してもらい

国勢調査権で暴き出してほしいもんだ。

ダイナー

f:id:tienro1:20190708000014j:plain

ダイナー

全く期待しなかったがまあまあ。

後半の撃ち合いのスローモーションがペキンパーを思い出させたが。

マトリックスから来てるのかな。

蜷川実花の作風というか画面があんまり

好きじゃなく。あの派手さは嫌いじゃないんだが、なんか違うんだよなあと感じてた。

端的に言えば垢抜けないという、二番煎じ感が鼻につき。

まあ、本作にも感じるところはあるんだが。

後半だんだん慣れてきた。以前のよりは洗練されたというか。

ディテールは各所でどっかで見たなあとか思いながら。

原作もディテールのエキセントリックさが鼻に着き立ち読みで途中まで読みやめた。百田の永遠のゼロとかよりはましだが。

幻影からの脱出

f:id:tienro1:20190707233356j:plain

幻影からの脱出 安富歩

今回の参院選で初めて知った。

自身の無知を恥じ入る。

面白いというより身につまされる。

プライベートにもオフィシャルにも。

今ならいろいろなことに覚悟ができただろう。


水滸伝 見よ風に鳴るあの旗を

子供の頃、
中村敦夫が主演のテレビドラマ
水滸伝」が好きだった。
なんかそんな気がしてきた。
先のことは解らない。
選挙は水物だろう。
メンツの話が面白い。
知的好奇心を刺激される。
それだけでも期待したくなる。
麻生太郎に代表される自民党の阿保振りに
比べたら、余計に。f:id:tienro1:20190702234128j:plainf:id:tienro1:20190702234203j:plain
選挙がどんな結果になっても
今回の候補者には注目していく気がする