夜鳥通信

会社員、占い師、絵描きのブログ

不良少女白書

あの娘はいつも哀しい位
ひとりぽっちで部屋の片隅でうずくまってた
誰かが自分を救いに来るのを
じっと待ってるけど 誰も来ないと判ってる

人には黒く見えるカラスが
自分には白く見えてしまう
黒く見ようと努力したのに
人は大声で聞いてくる

何故 嫌いですか 何故 好きですか
左ですか 右ですか
ああ聴こえない ああ届かない
自分の夢がわからない ああ

あの娘はいつも哀しい位
強がってみせるけど実はとても淋しがりや
時折 燐寸を摺ってはひとりで
涙こぼしながら また時々火傷をする

少し若さに思い上がり
転がる方が楽だと覚え
本当はとても優しいくせに
すねて見せるだけの意地っ張り

何が 正しくて 何が 嘘ですか
100じゃなければ 0ですか
ああ聴こえない ああ届かない
自分の夢がわからない ああ

自分に正直に生きるなら
風に逆らって生きるのなら
居直る事が勇気だなんて
自分に甘えるのはおよし

何故 嫌いですか 何故 好きですか
左ですか 右ですか
ああ聴こえない ああ届かない
自分の夢が わからない

何が 正しくて 何が 嘘ですか
100じゃなければ 0ですか
ああ聴こえない ああ届かない
自分の夢がわからない ああ 

さだまさし作詞作曲「 不良少女白書 」より)

愛するべき日々に愛することを怠ったことの代償は小さくない

「ひどすぎる。あまりにひどい。どうしてぼくらは、大事なものを傷つける?見えてるサインを見殺しにして、掴みかけた手も、放してしまう。チャンスを台無しにする。どうしてこんな風に何度も踏み外して、何もかもを駄目にするの。嫌になるよ。本を読んでも、金を稼いでも、ちっとも賢くなりゃしない。いつまでこんな自分と付き合わなきゃならないの。もう嫌だ。もう嫌なんだ。ほんとはもう、生きていく気力なんて残ってないんだ」

精神対話士基礎講座メンタルケアスペシャリスト

講義、終了。

最後の講義はなかなか厳しい内容。

患者の実話が教材として扱われた。

派遣されたら、

これに類するクライアントもあることだろう。

自分の心が試される仕事だ。

ラプソディ 狂詩曲

愛してるよ

ベイビー

お前を

踊ろう

このラプソディー

いかしてるぜ

ベイビー

君となら

うまくやれるさあ

バンドマン

歌ってよー

バンドマン

歌ってよー

バンドマン

歌ってよ

歌ってよ

バンドマン

二人のための

ラプソディ


エブリタイムユーゴーアウェイ

エブリタイムユーゴーアウェイ

イザリーディンアウデューセイエーイ

エブリタイムタイムユーゴーアウェイ

イザモーディンアウディセイエーイ